あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました


あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。




あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2018/02/20

減量には、バランスの取れた食事が重要ですが、
間食は一切ダメということではないんですよ!

食事と食事の間が空き過ぎてしまった場合、
身体が飢餓状態になってしまい、その状態で食べ物を摂取すると、
普段より何倍ものカロリーを吸収してしまうので、
太りやすくなるんです。

このような状態を避けるにも、程良い間食が必要なんですね。

ちなみに、
減量を目的に作られているおやつなどもありますが、
カロリーゼロと表示してあっても、
甘味料の種類によっては、
より食べたくなってしまう事もあるようですよ。

特に、アステルパームというアミノ酸由来の人工甘味料は、
脳内の満腹感を与える化学物質を分泌させることを阻止しますので、
食べれば食べるほど、より食べたくなってしまうのです。

そこで、
減量中の間食には、
アンチエイジング効果の高いポリフェノールが含まれている
カカオ70%以上の板チョコやナッツ類、
くだもの、焼き芋、枝豆などがオススメ!

これらの食品は、
少量でもウエストが満足しやすいだけでなく、食物繊維も豊富!

ナッツ類は肌にうるおいを与えますし、
くだもの類は、ビタミン、代謝、消化に必要な
抗酸化物質を摂ることができます。

くだものは糖分が高いので、
減量に禁物と言っている人もいますが、
ビタミン類が豊富なので、他の栄養素と結合させ、
身体の中に吸収しやすくさせる為にも必要なものなのです。

栄養補助食品などを間食に選ぶんだったら、
上にで挙げたような食べ物のほうが、
健康的な減量をサポートしてくれ、
「食べた」という満足感も高いですよ。

明日はいい日かな~
あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル