レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2014/03/10


美しく減量するためには、
間食にも工夫しましょう!

本当は、間食をしないほうがいいのですが、
そうは言ってもやはり人間です。
甘いものを食べたいというときもあります。

また「間食を我慢」というのも逆にストレスがたまり、
ストレスが肌荒れの原因にもなりますし、
減量の失敗につながることもあります。

だから、時々はいいでしょう。

ただし、市販されているスナック菓子を食べるのなら、
美容にもつながる「チョコレート」がおすすめです。

「えっ!チョコレートはむしろ肌に悪いのでは?」

たしかにチョコレートは脂分が多く含まれているため、
吹き出物の原因になりやすくなります。

そこで、さらに工夫を凝らすのです。
「カカオ70%以上のチョコレート」を選ぶようにしましょう。

チョコレートには、
カカオポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質が含まれています。
特にカカオが70%を超えるものは、
それだけ多くのカカオポリフェノールが含まれているので、
強い効果があります。

カカオが70%以上も含まれているチョコレートは、
一般的に油分も控えめになっていますから、
考えるほど肌への悪影響は少ないと考えていいですし、
減量にも効果的!

もちろん甘いものは、ストレスを緩和させる働きがあります。
ストレスが小さくなることで、逆に肌によいと考えることができるのです。

できるだけ甘いものを、油分を少なく、肉体にいい状態で食べるのなら、
カカオ70%以上のチョコレートが決め手なのです。

カカオ70%以上のチョコレートで
美しく減量しましょう!

じゃんじゃん
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル