レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2015/06/24


私がまだ小さかった頃、
誕生日にお父さんが柴犬の子犬を買ってくれました。

フワフワのその子犬を私はとても可愛がっていましたが、
ある日、リードを噛み切っていなくなってしまいました。

私は連日「帰ってきて」と祈りながら、
子犬の寝ていたダンボールの箱を見ていました。

しばらくしてお父さんが
「もう帰ってこないだろう。片付けるぞ」と言いました。
私はもう少し待ってくれるように頼みました。

そして子犬がいなくなって一ヶ月ほどたったある日、
私が幼稚園から帰ると、ダンボールの中に子犬がいました。

片目の周りに赤いマジックでいたずら書きをされ、
足に怪我をして帰ってきたのです。
私は泣きました。

うれしかったことと、
いったい誰がこんな酷いことをしたのかと思う悔しさとで、
少し大きくなった子犬を抱きしめて泣きました。

それから少しして、
子犬はだんだんごはんを食べなくなりました。

お父さんは「変だ」と言い、医者に連れて行き見てもらいましたが、
医者に「もう助からないよ」と言われました。
私は泣きながら子犬を抱きかかえ、家に帰ってきました。

次の日の朝方、子犬は動かなくなっていました。
私は冷たくなった子犬を抱いて泣きつづけました。

お父さんはダンボールに子犬の好きだった物を入れ、
その中に子犬を寝かし、蓋をしました。

その日は幼稚園を休み、
お父さんと二人でダンボールを持って海に行きました。

茅ヶ崎の海は、鎌倉の海と違って波が荒々しくて、
私はあまり好きではありません。

でもお父さんは「ここでないと子犬は帰れないよ」と言い、
海に子犬の寝ているダンボールを流しました。

私とお父さんは、
子犬が波にゆられていくのをずっと見ていました。
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル