レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2015/08/31


離乳食が終わり、
通常のご飯が食べられるようになると、
栄養バランスの取れたご飯を与え続けなければならない。

基本的にお父さんとお母さんが食べている
ご飯を出せばいいのだが、
脂肪に関しては、大人とお子さんではその重要度がまるで違う。

大人にとっては
脂肪の過剰な摂取は健康を害するものだが、
お子さんにとって脂肪は脳を成長させる大事な物質である。

高い知能を持ったお子さんに共通するのは、
お母さんが少し太っているということが挙げられる。

お母さんが少し太っているということは、
ご飯において脂肪を多目に取っているということで、
そのようなご飯を子供の頃から食べさせてもらえば、
当然、お子さんは脳を大きくしていくことができる。

お母さんが痩せ気味だと
ご飯自体に脂肪の量が少ないために、
どうしても脳そのものを大きくしていくことが
難しくなるのである。

気をつけるべきなのは、
和食は仏教の影響を受けて、
脂肪が極端に少ないご飯になっているということ。

伝統的な和食は健康的であっても、
脂肪が少ないために、
お子さんにとっては非常に有害なものになってしまう。

それと裕福になると、
どうしても肥満になる人々が増えて来るので、
シェイプアップと称して
脂肪を極端に切り落としたご飯を作るようになってしまうのだ。

通常、女性が肥満になるのは
炭水化物の過剰摂取が原因である。

肥満になれば脂肪がつくが、
脂肪を食べてその脂肪がついたのではなく、
ご飯以外におかしなどを食べているから、
炭水化物が過剰になってしまい、
その過剰な炭水化物が脂肪として蓄積されてしまったのである。

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル