目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:2014/09/11


当たり前のことですが、
体を動かすと腹がすきますよね?

でも、体操をした直後にご飯をすると、
減量の効果を減少させてしまう恐れがありますから
注意してくださいね!

というのも、
体操をした直後の体というのは、
エネルギーを大量に消費している状態です。

ですから
エネルギーを補給しようとして、食べ物などを欲するわけです。

体操をすることによって、
確かに脂肪が燃焼するなどの
減量効果を期待することはできます。

しかし一方で
新たなエネルギー源を補給する形になりますから、
減量の効果が少なくなってしまうのです。

なので、体操をした後しばらくの間は、
ご飯をすることは控えた方がいいでしょう。

むしろ、
体操をした後に軽く体を動かすことの方が、
より高い減量効果を期待することができます。

よくスポーツ選手は、
激しい体操をした後に
軽めのランニングやウォーキングをしますよね。

「クールダウン」とも言いますが、
あのような軽めの体操をすることが
減量には効果的なんです。

有酸素体操をはじめとして、
長時間体操を行うと、体操をやめた後でも
しばらくは脂肪が燃焼している状態を維持することができます。

ですから、ただ歩いているだけでも、
通常と比べるとカロリーの消費効率は良くなっているはずです。

クールダウンをして、
ゆっくりと体を冷やしていきましょう。
そしてしばらく安静にすることです。

ご飯については、体操を終えてから
できることなら1時間、
少なくても三十分程度のインターバルを取ってから
食べるようにした方がいいでしょう。

目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル