目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:2017/02/25


大人になるとほとんどの人が、
一日の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな息子がいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる男の子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
あたくし達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな息子に対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという奥さんに…
いつもいつも自分を誘ってくれる友人に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと奥さんや息子と過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ男の子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
あたくしのこころ片隅には、
「あたくしは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

あたくしはこれから男の子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

――――――以上で今日の報告を終わります。
目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル