目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:2017/12/23


減量のために、運動をしていると、
汗をかいたり、爽快な疲労感を感じますよね。

「いかにもカロリーをたくさん消費をしたなぁ~」
という風に感じませんか?

しかし実のところ、
運動することによって消費されるカロリーの量は
限られたものに過ぎないんですよね。

毎日の運動によって消費されるカロリーの量は、
24時間に消費するカロリーの量の2~3割程度しかないといわれています。

一生懸命やっているのに、それくらいしかカロリーを消費しないのなら、
「運動の意味がないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが…

実際、運動は
直接的には減量にそれほど貢献していないのです。

ところが、間接的には大きな貢献をしています!

減量と運動の関係について
もう少し踏み込んでみると…

わたくしたちが24時間に消費するエネルギーのうちの大半は、
生命維持のために使われています。

睡眠をしている時もエネルギーを消費しますし、
ご飯をするだけでもエネルギーを使います。
もっと言えば、
息をするだけでもカロリーが消費されるのです。

このようにわたくしたちが生きていく上で、
必要となるカロリーのことを「基礎代謝」といいます。

実は24時間のうち、
基礎代謝によって消費されるエネルギーは、
全体の6~7割といわれています。

基礎代謝によるエネルギーの消費量は、個人差があります。

基本的に、筋肉の量が多い人ほど、
基礎代謝の量が多くなるという関係性にあります。

筋肉の量を多くするためには、
運動をする必要があります。

だから、減量をするためには
運動をする必要があるわけなんです。





目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル