目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/04/23


おいらは減量するにあたって
「毎晩の日本酒は続ける」
と言う事だけは決めていました。

そして「日本酒はやめない」と決めた後に
「日本酒を飲んでも減量を続けるにはどうしたら良いか?」
ということを考えました。

やめたくない事を無理してやめて、
「苦行のような減量」をするよりは
やめたくない事は続けて、
「やりやすい減量」をする方が
ストレスなく続けられます。

つまり「減量を行うポイント」を絞り込むんです。
生活の全てを減量に捧げる必要はないんです。
そんなことをしたら息が詰まってすぐに挫折してしまいます。

この「減量を行うポイント」が
おいらの場合、「11時食」でした。

朝食・夕方食は兄が家で作っているし、
もともと減量食のような食事でした。

このためおいらにとっては「11時食」を見直すことが
一番減量をやりやすいポイントだったのです。

だから最初の頃、おいらの減量は
「11時食の見直し」
ただそれだけです。

こんな風に、自分の核となる減量法を一つ決めて、
そこだけは毎日淡々と続けることにして、
それ以外に関しては
できるだけストレスにならないように変えませんでした。

つまりそれが、
おいらにとっては「日本酒をやめない」というだったのです。

減量は 「生活の一部」 です。
基本的に、終わりはありません。
目標体重をクリアしたら
若干は食べる量を増やしたりしてもいいと思いますが、
基本的な生活はそのまま続けないとリバウンドしてしまいます。

だから「やりやすい減量生活」は一生続けるべきです。
一生続けるためにも
「好きな事はガマンしない」ことが非常に大切なのです。
目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル