レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2014/03/15


減量をしている皆さんは、
「汁もの」を毎日食べて(飲んで)いますか?

「汁もの」とはスープ・味噌汁の類なんですが…
この 「汁もの」って、
減量には強い味方なんですよ!

「手軽に野菜・海藻類がたくさん摂れる」
「ウエストが膨れやすい」
「食べると気持ちが休まる」
「温かいため内臓が活発に動き、基礎代謝が高まる」
…などなど、
減量には必須と言ってもいいくらい、
大きな効果があります。

だから、
わたしは、9時お昼晩と24時間三回の食事の際、
必ず「汁もの」を食べるようにしています。
塩分さえ気を付ければ1食で、
2杯食べても良いくらいだと思います。

むしろライスやパンなどの主食の食べ過ぎを防ぐために、
スープなどを積極的に食べれば、栄養バランスも整いますし、
総合的なカロリー量を減らせますよ!

ライスなどは
スープやみそ汁を飲みながら食べるようにすれば、
ウエストの中で膨れるので、満腹感も出やすいし、
食事のスピードもゆっくりになるので、
食べ過ぎることもなく、早くウエストが満足します。

味も具もいろいろなバリエーションがあるし、
作るのもカンタン!

料理が苦手だったり、
9時なんて時間が無いという人は、
インスタントでもいいと思います。

辛めの味付けにすれば、
体温も上がり、エネルギー消費がより活発になります。

「脂肪燃焼スープ」というのもあります。
わたしは作ったこと無いのですが、
ママさんの話によると、結構効果があるそうです。

スープ・味噌汁などの「汁もの」を積極的に取り入れれば、
「美味しくて楽しい!」減量につながりますよ!


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル