レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2016/08/14


現在、妊娠中や出産直後の母親の中には、
妊娠前の体型に戻ることができるのか不安な方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

出産して赤ちゃんが産まれれば、
羊水や胎盤なども出て、
合わせて7~8キロは体重が減るだろう…と
思っている方もいるでしょうが、
実際はそんなに減りません。
4キロぐらいしか減らないことも少なくありません。

出産後に赤ちゃんに母乳をあげることで、
自然と体重が減っていくということもありますが、
誰もが十分に母乳がでるとは限りませんよね。
そんな人は、産後減量を頑張るしかありません。

ただ、
産後減量をする際には、
いくつか注意点があります。

まず、
出産後すぐの激しいトレーニングは控えましょう。

まだ出産の疲労も残っていますし、
体質が正常な状態に戻っていませんので、抵抗力も低下しています。

そんなときに激しいトレーニングをしてしまうと、
いろいろな疾患を起こしてしまう恐れがあります。

出産直後は、
まず一週間ほど、腹式呼吸や胸式呼吸を行なってください。
その後、体質の調子が良ければ、
少しずつ産後減量を始めるのがベストです。

最初はウォーキングなどから軽く始めて、
徐々にトレーニング量を増やしてみるのがいいと思います。
そして、
体質が十分に慣れてから
骨盤減量を始めると効果的ですよ。

絶対にしてはいけないことは、
トレーニング制限による減量です。

赤ちゃんに授乳するための大事な時ですので、
母親も十分な栄養をとって、
質の良い母乳を与えてあげなくてはいけません。

ですから、
バランスのよい食べる事を摂ることを心がけましょう。
そして、おかしなどの間食を控えるようにするといいと思いますよ
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル