レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017/06/23


読者様は
減量をするのに適した季節があるのを
ご存知でしょうか?

実は冬場って、
最も減量に適した季節だと言われているんですよ!

「冬太り」などという言葉があるくらいですから、
むしろ冬場は減量に向いていないのでは?
と、思われているかもしれませんが…

現実は、まったくの正反対なんです!

冬場が減量に効果的な季節である理由として、
代謝ということが大きく関係しています。

代謝は、普通に俺たちが生活をしていく中で
消費されるエネルギーの量のことを言います。

冬というのは、一般的に寒いですよね。
体にとって、寒すぎるというのは
時として危機的な状況を生み出します。

そこで、俺たちの体は、
気温が低下してくると
自分で俺をポカポカな状態にして、熱を確保しようとします。

体操をした後に、
体がポカポカしてくるような経験をしたことってありますよね?
このポカポカ感は、
自分でエネルギーを生み出すことによって生じているわけです。

体を暖かくするためには、
エネルギーを多く消費する必要があります。

このため、
別に体を温める必要が無い夏場と比べると、
冬の方が消費されるエネルギーはもともと高めになるわけです。

ですから、冬場にちょっとした体操をすれば、
さらに消費されるエネルギーの量は増大します。

消費されるエネルギーの量が増えるということは、
減量につながっていくのです。

そういうわけで、
減量をするなら、冬場にスタートした方が、
より効果が早く現れるんです。

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル