レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2018/01/19


僕は、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

14時もテンプラセット2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、運動量が多かったので、
体もひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっと運動量と食べる事量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

運動をやめたのに同じくらいの食べる事量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

運動してる時に比べて、
お腹だってそこまですいてないのに、
運動してる時と同じ感じで食べる事をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、僕は、
今の生活に合った食べる事を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべく体を動かすようにしました。

全く運動せず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、朝方腹筋をやるだけでも違いますよ!

僕は球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
日々、朝方腹筋をやっていました。

激しい運動ではないけれど、
全身を使い日々続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前運動をやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
体を動かすことが嫌いなわけではないですよね!

運動が嫌いでない人なら
減量だって成功しやすいはず!

少しの運動と、食べる事バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル