適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2015/12/14


減量することを
一種の「修行」のように思っている人って、
結構多いような感じがします。

減量はツライこと…この観念があるから、
どうしても我慢することが基本にあるという考え方に
凝り固まっている人は多いようなんですよね。

ツライことでも、
短期間だけなら何とかやっていけますが、
長期的に続けることは難しいですよね?
だからちょっと見方を変えてみましょう。

減量だって、
少しの工夫で楽しくなったりするんですよ。

例えば、野菜サラダ。
野菜サラダだけだと、どうしても味気ないとか、
お腹にたまらないという感じがしますよね?

ドレッシングは高カロリーのものが多いから、
ノンカロリーのものを…
それでは、味的にインパクトが弱くなってしまいます。

ここでちょっとひと工夫。
ツナを入れてみましょう。
ツナって、高タンパク質ですから、
減量にはうってつけの食材なのです。

しかもツナには、脂肪があまりありませんし、
炭水化物も少なめで、それでいてお腹は満足!!
減量には欠かすことができない食材なんですよ。

また現在注目されているものに、
「おからクッキー」があります。
文字通り、おからでできたクッキーですが
通常のクッキーよりも硬めですから、
しっかりと噛まなくてはなりません。

ですから、少ない枚数でもお腹は満足してしまいます。
減量の強い味方ですよね。

減量の時に、強いストレスを感じてしまうのは、
スナック菓子が食べれないことと甘いものの制限。

おからクッキーはこの二大欲望を満たしながらしかも
減量に効果ありということで、注目を集めているのです。

とっぴんぱらりのぷう
適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル