レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2018/09/03

みなさん
グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

「わしって水を飲んでも太るのよね〜」
と言う人をよく見かけますが、
むくみなどの場合を除いて、水で太ることなんてないんですよね〜

水はダイエットに必要ですし、
むしろ、水は太るという間違った認識で
水分補給を制限してしまうことは危険です!

「喉が渇いた」と感じたときには
すでに脱水症状の初期と言われています。

「ダイエットのために」と、
喉が渇いているのに水分補給を我慢するのは
からだに悪いだけなんです。

夏の熱中症だけではなく、
水分不足(サウナに入っても水を飲まないなど)の状態が続けば、
血液がドロドロになって流れが悪くなります。

血液がドロドロになれば血栓ができやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

ダイエットのためにも、健康のためにも、
水分補給が毎日の生活で欠かせないわけですが、
飲み物を間違えると、ダイエットの障害になってしまいます。

ダイエットを意識して、
今までの水分補給のしかたを見直しましょう。

まず、スポーツドリンクなども含め、
糖質を含んだ清涼飲料水は避けるべきです。

ダイエットを目指しているのであれば、
たまに飲む程度ならともかく、
毎日のように、清涼飲料水で水分補給していると、
糖尿病のリスクも上がります。

ダイエットコーラなど、
血糖値をあまり上げない人工甘味料を使用している飲料は
一見問題が無さそうですが、その強い甘さの味覚に慣れてしまうと、
ほかの食べる事でも、同等かそれ以上の甘味でないと
物足りなさを感じることがあるので、要注意ですよ!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)

ホーム サイトマップ